ご利用案内

1.はじめての方へ

富山市民芸術創造センターは富山市が設置した芸術分野の創作練習(音楽・演劇・舞踊・美術等)専用の施設です。ジャンルに適した大・小さまざまな練習室があり、富山市民だけでなく、どなたでも利用可能です。

ただし、ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

●教室などの営利目的の利用はできません。
●観客を動員しての発表会や講演にはご利用できません。
●いったんご予約を入れると、変更はできません
●ご予約のキャンセルについては、利用日の10日前までであれば還付申請により全使用料の7割相当を返金できます(ただし全額支払いが済んでいる場合に限ります)。
●公共施設ですので他の利用者へのマナーを守ってご利用ください。

2.使用の申し込み

はじめてご利用の場合

利用者登録をさせていただきます。1名(または1団体)につき1つの利用者登録番号が発行されます。

予約

来館、もしくはお電話にて予約が可能です。使用当日(もしくは来館時)に使用承認申請書をご記入の上、料金をお支払い下さい(料金は前払いでお願します)。

申込み可能な期間

3ヶ月先まで使用申込みが可能です。(例/使用希望が10/20の場合は7月1日から受付します)
事前申込について

料金設定について ※市民料金・市民外料金について

<1名で利用する場合>
富山市民が利用する場合は「富山市民料金」となります。また富山市民以外の方が利用する場合は「富山市民外料金」となります。

<団体(2名以上)での利用の場合>
代表者が富山市民かつ構成員の過半数(例/総数10人のうち6人)が富山市民であれば「富山市民料金」が適用になります。
代表者が富山市民以外の方、もしくは構成員の過半数が富山市民以外の場合は「富山市民以外の料金」が適用となります。(富山市民料金のおよそ2割増しとなります)

予約の変更・キャンセルについて

原則としてご予約内容の変更はできません(時間延長や備品の追加は可能です)。
使用の取り消しは、使用日の10日前までにお申し出でがあれば「還付申請」により全使用料の7割相当を返金致します。(ただし全額支払いが済んでいるものに限ります)手続きの詳細につきましては、受付にお問い合わせください。

3.使用料の減免と優先使用

学生減免について

<1名で利用する場合>
学生が使用する場合は、使用料が減免となり、一般料金のおおよそ半額になります。

<団体(2名以上)での利用の場合>
構成員の過半数(例/総数10人のうち6人)が学生の場合は使用料が減免になり、一般料金のおおよそ半額になります。

また、次のいずれかの場合は、使用料が減免されます。

<全額>
●富山市、(公財)富山市民文化事業団が主催する事業に使用するとき。

<半額>
●富山市、(公財)富山市民文化事業団が共催する事業に使用するとき。
●学校教育法に規定する学校、専修学校もしくは各種学校、または学校法人が設置する教育研究機関等の学生、生徒が使用するとき。

※使用料の減免を受けようとする方は、減免申請書に必要事項を記入し提出してください。

優先使用

一般使用よりも優先的に使用の申込ができます。
優先使用の対象となるのは、次のいずれかに該当する使用となります。

●富山市が主催または共催する事業に使用するとき。
●(公財)富山市民文化事業団が主催する事業に使用するとき。
●その他、富山市長が特に必要と認める使用のとき。

<発表及び公演日前5日以内の使用については下記のとおり優先使用が可能です。>
使用申請できる施設は、「舞台稽古場」「リハーサル室」「中練習室1」のうち1日1施設とし、次のいずれかに該当する団体等となります。

●富山市内に活動の拠点を有し、公立文化施設協議会加盟施設において発表及び公演を行うもの。
●富山市外に活動の拠点を有し、富山市内の公立文化施設協議会加盟施設において発表及び公演を行うもの。
※申込時には、発表及び公演予定施設の承認書等の写しを添付する必要があります。なお、使用申請者と発表及び公演予定施設の被使用承認者は同一の方に限ります。

4.事前申込及び初日受付について

毎月1日(※1月のみ4日)より、3ヵ月先の使用の申込みが開始となります。(4/1ならば7月分まで)
ただし、申込み開始初日の混雑緩和のため、事前申込による調整を行っております。
手続きの流れは以下のようになりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

毎月、申込み開始日のさらに2週間前〜3日前までに、受付に備え付けてある事前申請書に希望日時・部屋を記入し、受付へ提出してください。
例/8月分の申込みの場合、事前申請書は4月17日〜4月28日の間に受付ます。
★受付にある、「空き状況表」をご確認の上、事前申請書に必要事項を記入して提出してください。
★減免を申請する方は、減免用紙も一緒に提出してください。

事前申込の受付締め切り後、提出していただいた申請書の重複分があるかどうか、事務局で調べます。
A.舞台稽古場・リハーサル室
B.大練習室
C.中練習室
のグループごとに調べます。

翌月1日の午前9時30分までに「研修室」へお越しください。
重複団体同士の話し合い、もしくは抽選による調整会を行います。
この調整会を欠席されますと、事前申込の受付は無効になります。
調整会はお時間がかかる場合があります。ご了承ください。
※重複がない場合は、お支払の上、使用日の確定となります。

全ての調整・抽選が終了しましたら申請書を受付に提出してください。使用料を納付していただき、全ての手続きが完了となります。取消・変更は従来どおりできません。また、調整が終了していても、お支払いの手続きをなされなかった場合は、予約は無効となります。ご注意ください。

※この調整と受付が終わり次第、通常の電話・来館による予約申込みが可能となります。

5.長期使用割引

次に定める全日使用(9時〜22時30分まで使用することです)をする場合の1日あたりの額は、次に定める額とします。ただし、冷暖房期間中に使用する場合は、この額に冷暖房料金が加算されます。なお、使用料の減免は適用されません。

●5日以上30日以内継続して全日使用をする場合(研修室を除く)の、5日目から30日目までの26日間については、施設使用料の5割に相当する額。
●31日以上90日以内継続して全日使用をする場合(アトリエに限る)の、31日目から90日目までの60日間については、施設使用料の2.5割に相当する額。

6.予約使用(定期使用・長期使用)申込みのご案内

富山市民芸術創造センターでは、より安定した創作練習活動が行えるよう「予約使用制度」を設けています。予約使用とは、一定の条件を満たす団体(アトリエは個人も可)であれば、一般の使用申込みよりも先に、次のような範囲内で使用申込みがまとめてできる制度です。

a 定期使用 より安定した創作練習活動が行えるよう、年度を通じ、月2回以上週1回以内の定期的な使用。
b 長期使用 本番公演前の5日以上30日以内の継続した全日の使用。出展目的の美術製作のため5日以上90日以内の継続した全日の使用。
但し、定期使用の申込みにあたっては、年度途中に本番公演等を控えた団体からの使用の相談・申込みがあった場合は、事務局で調整させて頂く場合がありますので予めご了承ください。

◎予約使用申込みができる団体等は、次のすべてに該当する団体です。
a 市内に活動の拠点を有するもの (団体の事務所、代表者、事務局長、指導者のいずれかの所在が市内にあり、かつ団体の構成員の半数以上が市内に在住もしくは在勤のもの)
b 公立文化施設において年1回以上の公演・発表を行っているもの
c 使用年度における活動予定が、おおむね決まっているもの
なお、この施設は、創作練習専用施設ですので、使用団体等が営利目的の教室や公演・発表のために使用することはできません。

◎予約使用団体が使用することができる施設は、1団体につき、次に掲げる施設のうちのいずれか1つとします。
a リハーサル室
b 大練習室1,5
c 中練習室2
d 練習室33,34
e アトリエ(長期使用に限る)

◎定期使用の場合の使用時間は、次のいずれかとします。
a 9時から12時まで
b 9時から15時まで
c 13時から15時まで
d 13時から18時まで
e 16時から18時まで
f 16時から21時まで 
g 16時から22時30分まで
h 19時から21時まで
i 19時から22時30分まで

予約使用(定期使用・長期使用)の申込み手続等

受付期間 使用年度の前年度の11月に受け付けます。
受付時間 午前9時から午後8時まで

<予約使用の申込>
「予約使用承認申請書」に次の書類を添えてお申込みください。
①使用年度における主な活動予定
②前年度の活動実績(チラシ、パンフレットなど)
③団体の構成員名簿(氏名、住所、または、勤務先住所)
④減免申請書及び減免に該当することを証する書類(減免対象者のみ)

<予約使用の調整>
使用希望施設・日時等が重なった場合は、調整させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。

<予約使用の申請・承認 >
予約使用が承認された場合は、12月中旬に「予約使用承認書」及び「使用承認申請書」をお送りします。

<使用の承認申請>
「使用承認申請書」に必要事項を月毎に記入の上、定期使用にあっては年度分を一括して1月中に提出してください。ただし、長期使用にあっては、使用月の4ヵ月前の末日までに提出してください。
使用料は、使用日の属する1カ月分を、その月の4ヵ月前の末日までにお支払いください。(1カ月以上12カ月分までの一括払いも可能です)

<取消・還付など>
使用予定施設を使用しない場合は、一般予約の受付開始前(使用月の4カ月前までに)までに、使用の取消の申出をしてください。(キャンセル料はかかりません)
予約使用の取消に伴う既納の使用料は還付しません。ただし、使用期日の10日前までに取消を申出られた場合は、使用料の70%に相当する額を還付しますので、当該領収書と印鑑をご持参ください。(使用料の還付)

<無料移動備品等>
無料移動用備品については、使用当日までにお申し出ください。
なお、数に限りがありますので、貸出しできない場合はご容赦ください。

<追加・延長>
附属設備の追加、又は、使用時間の延長(21時以降22時30分まで) については、使用当日の午後8時までに精算させて頂きます。

7.ご利用にあたって守っていただきたいこと

■教室などの営利目的での使用はできません。
■観客を動員しての発表会や公演はできません。
■ワークショップ等でのご利用については事前審査が必要になりますので、受付にお問い合わせください。
■公共の施設ですので他の利用者へのマナーを守ってご利用ください。

練習室の使用について

●練習室の鍵は使用時間の15分前からお渡しできます。(事前に使用申請入金が済んでいる場合)
●練習室内は土足禁止です。
●練習室内での飲食はご遠慮ください。(飲食には集会室や談話室をご利用ください)
●館内での飲酒行為はお断りします。
●倉庫から備品(有料備品の打楽器や無料備品の椅子等)を出された場合は、練習終了後に必ず元の場所に戻してください。また、倉庫の鍵はその都度受付へ返却ください。
●有料備品(ピアノや音響機器等)の無断使用はしないでください。
●ゴミ等が出た場合は持ち帰ってください。
●使用時間が終わりましたら速やかに鍵を返却ください。
●退室前に練習室の現状復帰をしてください。
●万が一、練習室の鍵を紛失された場合は実費相当額を請求します。
●ポピュラー系バンド練習室(練習室31、32、33、34、大練習室2)の使用後は内線電話で事務室までご連絡ください。スタッフが部屋に伺いますので、設備点検を受けてからお帰りください。
●アンプ等を通した電子楽器(エレキギター、エレキベース、電子ドラム等)や、音量の大きな打楽器類(和太鼓、チンドンの鐘等)のご利用は、防音の関係上、お貸しできるお部屋に制限がありますので、予約時に受付スタッフにご相談ください。

その他の諸注意

●貴重品の管理は各自の責任でお願いします。万一、館内外及び駐車場内で発生した盗難等の事件については、当館では責任を負いません。
●設備・備品を破損・減失した場合は、速やかにスタッフまでお知らせください。場合によりその損害を賠償していただくことがあります。
●使用者は使用の権利を他人に譲渡したり、貸し付けたりすることはできません。
●地震や火災、浸水等、非常時にはスタッフの指示に従って行動してください。
●駐車場は閉館後に閉鎖しますので、ご注意ください。
●当館利用者が夜間に駐車場に車両の留め置きをする場合は必ず受付に申し出てください。
※多数の方が利用する施設です。ルールを守り気持ちよく利用できますように、皆様のご協力をお願いします。
※上記の事項をお守りいただけない場合や、当館スタッフが使用にそぐわないと判断した場合は、使用を中断し退館していただく場合があります。

Copyright (C) TOYAMA ART CREATION CENTER All rights reserved.